日本の性教育

この記事は約2分で読めます。

中学高校では指導要綱にそって性交という言葉は使っては駄目だそうです。
いつの時代に決めた教育要綱なのでしょうか?

学校が教えなくても今は中学や高校で性体験を持つのは普通の時代です。古典的教育指導は将来も続いていくのでしょうか?それで給料を貰ってる人は罪悪感は感じ何のか不思議です。

欧州やロシアの性教育は日本とは大きく異なると思います。
妊娠の経過を教えない日本の教育は間違って妊娠した場合の対処の方法はどう教えてるのでしょうか。
妊娠して一番体に影響を受けるのは女性ですので女性に関しての徹底的な教育は中学からでも遅くはないと思います。

妊娠たらら責任は女性にあるという教えでは女性は妊娠しないように気を配るのでは当然ですが男性の場合は盛りを感じたら女性の体内に精子をぶちまける本能があるのでしょう、女性のその日の体調や妊娠の安全日とかは普通は考えないですね。
女性が今日は”安全日よ”何て言われたら男は嬉しがる人が多いでしょうが私の場合は興ざめ状態になりますので安全日と言っ女性が言ってもその女性がピルを使ってない限りは中には出さないようにしてなす。

妊娠したら責任は女性にあると信じてる白人社会では女性が大丈夫というのはちゃんと避妊をしてるからで安心して楽しめます。しかし、日本では・・・考えるだけで将来的に関係を持った女性から思わぬ言葉がでる状態は否定できません。

まぁ責任感の強い?男性は出来ちゃった結婚で一緒になった場合に離婚率が高いという数字は現在統計から出てる数字です。

タイトルとURLをコピーしました