現状維持バイアス(現状の変化を求めないこと)

この記事は約2分で読めます。

これは日本だけの現状ではなさそうで世界全体が同じだそうです。
夫婦間のセックスは年ごとに回数が減ってるようで日本は最下位に近い数字ですが最下位国は香港だそうです。

大きな声で話す広東語は第三者には煩いだけですし話の中心はお金に関しての話題が多いのも香港の特徴の一つでそのために忙しく動き回ってる香港では夫婦間のセックスが少なくなるのは当然です。日本も似てますが日本の場合は第三者としてメディに流れる情報にはいつもお金の話題が付いて回ってます。そしてお金が無い人は遊べない=女友達がいない=セックスレス、という公式は現状維持バイアスとなって表れてます。

結婚をしない理由はいろいろですが経済的理由が一番ではないでしょうか?
結婚したら生活費が二人分になり今の給料では無理と諦めてる人は結婚相手に関して専業主婦や子供が欲しいと考えてる人に多いですね。

現状維持で自分一人がやっと生活できる経済状態では結婚は考えられないのも当然ですがこのような男性に限って結婚したら夫が家族を養う義務があると考えてるのでしょうね・・・。

共稼ぎをすれば経済定余裕は楽になるのではないでしょうか?ただし、女性がそれに同意すればの話です。

ロシア女性は社会主義国家が長く続いたので人間は食べるためには仕事をしなくてはいけない、という資本主義の考えがしみ込んでる国で女性は専業主婦は希望しません。

現状維持バイヤス(固定観念)を打ち破る方法はいろいろ説明されてる本やネットに情報がありますがその情報をみるのも面倒だと考えてる方はこのまま歳を重ねてご臨終を待つだけです!

私のお勧め解決法は精力を向上させることです。サプリメントや薬や修行などは要りません。金を稼ぐか?精力を向上させて仕事に励むか?はあなた次第です。

mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

matureをフォローする
ウラジオストクのガールフレンドロシアのガールフレンドロシアの習慣ロシア女性
大人倶楽部 50歳以上の男性対象 
タイトルとURLをコピーしました