老いていく年配者が1億円で若返りたい・・・

この記事は約2分で読めます。

若い時代に戻りたいと考える人は結構多いようです。
それが可能なら1億円でも払うと発言する人も多いのも事実ですが現実的には無理なことです。

若い時、もっと何かをしてれば良かったと過去を後悔する金持ちとその反対で若いけどお金はないというのが現実です。

若い人でお金がある人はお金を増やすことでよりお金持ちになりたいのでしょうか??
人生の目的がお金を増やすこともその人の人生ですので・・・どうぞって思ってます。

日本人はお金があれば
車、海外旅行、食事と贅沢をしたがるそうです。

以前映画でお金持ちの男性と普通の男性が寿命が終わる前に二人で今までしたかったことを二人で実行することにしました。お金持ちの男性がすべての経費を負担するのはお金を残しても意味がないので当然ですがお金持ちになった割には周りには心を許せる友達がいません。それまでお金を持つことが生きがいの人だったので気にしてませんが一人では旅は出来ませんのでお金とは縁のなかった男性は気配りのない男性とお互いに思ったことを言いながら終焉へ向かっていく映画です。


日本での題名は 「最高の人生の見つけ方」
原題はバケットリスト(死ぬまでにやりたいことリスト)
 バケットは棺桶の意味で棺桶に入る前にやり残したこと悔いを残したくない反省点です。

映画での下記のことを実行するために二人で旅にでてます。
荘厳な景色を見る・・・カラパタール近くまで行きました(エベレストの対面5770m)
見ず知らずの人に親切にする・・・普段、心得てます
泣くほど笑う・・・日本では難しですね。ロシアは文化が違いますが共通点が多いのでいつも笑ってます
マスタングの運転・・・車は興味がないですがウラジオストクにはサーキット場(ドラフト世界選手権会場)
世界一の美女にキスをする・・・これは好みの問題ですがウラジオストクはロシアの美人都市です
入れ墨を掘る・・・私の趣味ではありません
スカイダイビング・・・私の趣味ではありません
ストーンヘンジを見る・・・世界遺産は100カ所以上回ってます
ローマを見る(行く)・・・110カ国以上旅してます
ピラミッドを見る・・・何回か行ってますがアラブの春の3日前までカイロにいました
タージマハルに行く・・・世界遺産の一つです
香港に行く・・・日本人の多くはすでに訪問されてると思います

タイトルとURLをコピーしました