ご質問にはすべてお答えします!

会員さんは直接ウラジオストク運営者にも日本語もしくは英語で連絡相談が可能となってます!

ロシアで一番有名な職業・・・

ロシア人に月収を質問する日本人。
ウラジオストクの場合は平均は5万円から10万円くらいでしょうか?
レストランのウエイトレスで4万円から、コックさんは7万円くらい・・・

この数字を聞いた日本人はロシア人はそんな少ない収入でどうやって生活するのかなぁ?と考えます。
そして更にロシアは貧しいと考える人も出てきます。
すべてを日本を基準に考える人は数字で暮らしを日本風に想像してるだけですのでロシアの実像はしりません。

最近のウラジオストクの人々の職業、公務員や経営者を除いて多くの人はフリーランサーと答える人が多いです。
フリーランサーとは日本ではジャーナリストたちが使う場合がありますがロシアは違います。
意味的にはフリーランサーはロシアでは何でも屋という意味です。
ちょっとした頼まれごとや短期の手伝いがこれに該当しますのでアルバイトと考えることも出来ます。短期収入の積み重ねが本職の給料にプラスされる収入ですのでその時に寄りますので稼ぐ金額はまちまちです。

知り合いの旦那さんは本職がありませんのでフリーランサーです。ワゴン車を一台所有しそれを使って仕事をしてます。車販売の仕事も以前はしてましたので来日回数は数十回です。来日するときは船員手帳を持ってますのでそれで富山港に入港し買い付け依頼をしてた車をロシア人から買って船に乗せてウラジオストクへ。ある時はサハリンの友人からウラジオストクで商品を買い付けて船でサハリンに送ってくださいという依頼。銀鉱に付いて行ったらサハリンから送金された日本円で数百万円を持って問屋さんへ。そこで買い付けて船でサハリンに送って仕事の完了で手数料は5%で15万円。ウエイターより儲かります。

こんあ日常がウラジオストクの人々の臨時収入。1990年にウラジオストクが解放され海外から訪問者が増えるようになった時のロシアの経済状態は破滅状態で仕事は皆無だったのですがロシア独特の何でも屋が町中にいた時代は今も続いてます。フリーランサーとして・・・。

さらに日本ではあり得ないのはソ連・ソビエトからロシアンなった時、人々が住んでいた国営住宅は政府から住民にほとんど無料で分け与えられましたので家賃はゼロ。当時は電話代と市内交通費は無料でした。

今は祖母が住んでるアパートを孫たちに遺産贈与をしてます。ロシアでは贈与税はほとん無料です。知り合いは自分と旦那の祖母からアパートを遺産としてもらいましたがその数3軒。これらの家を貸せば月最低300ドルですのでウエイターの給料と同じです。3軒だったら900ドル・・・
賢いかそうでないか分かりませんが家を担保に銀行からお金を借りればs世界旅行で海外を一年くらい旅行出来ますしビジネスも出来ます。

運のないロシア人は財産がないので貧しいです。これは運命ですね。
ロシア人は貧しいでしょうか?