ウラジオストク 運営者 多忙中・・・

この記事は約1分で読めます。

ウラジオストク運営者のアーニャさんが忙しそうです。

彼女との連絡は whatsupで行ってます。メッセージを送ったり電話機能ではなしたりと話す内容によります。写真も送られてくるのでパソコンに経由で連絡しあうより楽です。

問題はウラジオストクとの電話回線、whatupの無料ソフトですので文句は言えませんが時々調子が悪い時があります。

アーニャさんは前は極東大学の英語の先生だったので英語が上手ということで会話倶楽部で働いてもらいましたが日本人のお客さんと日本英語で話してるうちに数年が過ぎて彼女が気がついたのは

私は英語がへたくそになった・・・という事実です。(本人談)

今は日本人と英語でしゃべることがなかったので英語力は戻ったようです。

アーニャさんは会話倶楽部ロシアの運営者が新聞広告で1998年に募集して採用した人です。新聞広告で
ロシア女性、英語が出来る人、パソコン操作の出来る人そしてEメールが出来る人で募集したら40名くらいの応募があったそうです。その中からアーニャさんは選ばれました。