車いすのこの男性はわかりますか?

この記事は約2分で読めます。

スクープ?の写真です。
タバコと缶コーヒーそして電動車いす。景色は日本ですが男性は日本人ではありません・・・
1985年にワルシャワのショパンピアノコンクールで優勝そしてその他の賞も取り世界に衝撃を与えた19歳のロシア青年ブーニンさんが日本でリハビリ中。

翌年1986年は来日して日本で大ブームを起こました。

19歳の時が一番ピークだったという人もいますが彼のその時の演奏は何かピアノに興味のない人でも何か感じるそうです。私も昨日、その演奏をYoutubeで聞いてしばらく感動しブーニンの今を調べたらリハビリ中と記事がありました。

この人はヘビースモーカーですのでタバコを手に持ってる写真が多いです。
世界最高峰のコンクールで一位になり名声は世界中に広まり来日。多分この来日が彼の人生を違う世界に誘ったのでしょう。知り合った日本女性と恋が始まりブーニンは日本に住みたかったのですが日本政府が許可を出しませんでした。日本は亡命を受け入れない国なので結局はドイツに亡命したと思います(このブーニンに関しては私の記憶頼り)。

ブーニン逃亡は世界の大ニュースになりましたが結局はドイツに住む許可が下りそして再度、日本に来日することも可能になりブーニンは日本女性と再会そして結婚、男の子が一人生まれ家族そろって仲良く暮らしました・・・とはなりませんね。長野県とドイツに住みながら活動を行ってる人がどうして車いす?とビックリしましたが転んで体を痛めて治療中だそうです。

彼を日本のある通りで見かけた人は音楽に詳しかった人なのでしょうね。
思わず日本語でプーチンさんですか?と尋ねたら

”はい、そーです”と日本語で答えてくれたそうです。

ワルシャワにはショパン音楽学院があり世界のピアニストが習ってます。
1975年のショパンコンクールは現地でコンサートに行き実際のショパンコンクールの予選会を聞きましたが当時は興味がなかったので半分寝てました。休憩の合間でロビーにいるとポーランドんガキたちに囲まれたピアノ競技者のリストの中で私に似た写真を探してるのです。皆さんはコンサート用の服装で私はジーンズですので見れば一目瞭然なのですが初めてアジア人を見た子供たちは分からなかったのでしょうか。
ポーランドの友達がサインしてあげたら・・・と勧めたので8名ほどのガキに私の名前を漢字で書いてあげました。

それまでワルシャワのショパン音楽院は日本から毎年数人が勉強に来てましたがブーニン氏の優勝が過ぎると数百人の日本人ピアノ留学生がいると噂で聞きました。

mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

matureをフォローする
在日有名ロシア人
大人倶楽部 50歳以上の男性対象 
タイトルとURLをコピーしました