最近は喧嘩腰の人が増えてますね!?夫唱婦随のロシア女性・・・

この記事は約2分で読めます。

我が家では夫婦安泰で周りの人達から楽しそうですね、と言われることがありますが特別な努力は何もしてませんし普通に会話をして一緒に生活してるだけです。そして32年が過ぎてます・・・。

彼女の考えを否定することはほとんどありません!
私は彼女に対して怒ることは殆どないですがゼロではありません。
生まれ育った国を離れて私と一緒に生活を営んでるのですか私が怒りっぽかったら彼女はどこに非難すれば良いのでしょうか? 私以外に頼れる人はこの世にはいません。両親も亡くなってるので里帰りは私の場所です。

怒りっぽい人は自分が正しいと思ってるので周りの雑音が気になるのでしょうね。
私は神様ではないので自分が正しいと思ったことはありません。ただし、本能的に頭が拒否することには最初からタッチしませんし距離を置くことにしてます。あまりにも彼方此方に距離を置くと一人ぼっちになるのは当然です。そのボッチ生活は私には向いてないのでそばに誰かがいる生活が普通と思ってるので今に至ってるのでしょうね。

お互いの主張が異なり意見が対立する場合は先輩方のアドバイス通り夫婦喧嘩は”あんたが正しい”と妻の意見を受け入れるのが一番の夫婦仲を続ける考えだそうです。
女性は褒めれば嬉しがる人種ですのでいやいやでも最終的には”あんたが正しい”とパートナーの意見に従うのがトラブルを起こさない方法だと思います。

奥様という立場の日本の妻達は家の奥に殿と控えて亭主をコントロールするのが古来からの日本式ではないでしょうか?

夫婦は対等であるべきだと考えてる方はどうぞ、それを実行してください。
万が一、お互いに同意が出来なくてお二人の仲が終焉を迎える場合は一度だけ”あなたが正しい”と認めてあげるのはどうでしょうか?

また、日本の四語熟語に夫唱婦随というのがあります。いつの時代に流行った言葉なのでしょうか? 日本男性と結婚してる欧米女性の中にもこの日本式夫婦関係を尊重してる女性もいます。日本の文化に影響を受けたそうです。

mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

matureをフォローする
ロシアの習慣
大人倶楽部 50歳以上の男性対象 
タイトルとURLをコピーしました