ロシア経済とロシア女性の国際結婚

この記事は約4分で読めます。

ロシア経済はウクライナ問題で欧州の経済制裁でロシア人は苦しい生活を送ってるとロシアの経済制裁に加担してる日本で一般に日本人が考えるロシアの状況です。

これは正しい、正しくないという知識は私にはありませんので実際にロシアを訪問して判断して頂きたいです。

会話倶楽部の運営者としてウラジオストク女性が日本人と国際結婚を考える傾向をしることで私にはロシアの現在の状況が理解出来ます。

結論は最近は会話倶楽部に登録する女性が増えてる事実があります。
プーチン政権誕生後はロシア経済は右肩上がりの急成長で国際結婚を考える女性は極端に減ってた時代がありましたが最近は何故か20歳代の若い女性の会員登録が増えてます。

これは30歳代の独身男性にはチャンスが広がってるという事実です。と言っても会話倶楽部の初期と比べると・・・全く比較できません。初期時代には登録会員数は400名を超しており女性のファイルは電話帳と呼ばれる分厚い資料で当時を知ってる会話倶楽部の会員さんには懐かしい記憶と思います。

当時のロシア経済状態は何もない時代、仕事がない時代で辛うてウラジオストクは中古車ビジネスで住民の半分以上がこのビジネスに関係してたのでウラジオストク人は他の壊滅状態の都市と比べると収入が確保できた時代でした。初期のロシアの法律は日本から車をウラジオストクに持ち込める台数は3台まで格安税金で車の状態は走れば良い時代で日本製と言うだけでウラジオストクに持ち込んだ日本車中古車はロシア人から引っ張りだこの状態で日本の中古車オークションや廃車(台風や水害で傷んだ車)を大量にウラジオストクに運んでた時代がありましたのでウラジオストク人は生活費は稼ぐことが出来ておりロシア革命が起きる状態ではなかったのですがそれでも中古車以外に仕事がない時代でロシア女性の一部の人はロシア以外に希望を見つけるのは日本が一番最適でした。中古車ビジネスで接した日本人業者の皆さんが正直にビジネスをしたのもロシア人が日本を好きになる一つの理由でした。

会話倶楽部の女性会員の多くは極東大学卒業生なので仕事に関しては先輩のコネで就職が出来る人が多いので仕事があればまずは自分のキャリアのため結婚より仕事を選ぶのは20歳代の有能は知識をもつ女性なら普通に考えるのは当然でした。

ロシア女性は仕事に人生をささげる考えよりも子供を持ち家族を持つのが本来のロシア女性そしてロシア人の考えですので仕事を数年間経験するとやはり家庭を考えると結婚を希望したくなりますしロシアに仕事が増えればロシア男性も定職を持ち家族を支える収入が出る人が増えたのでウラジオストク女性は近くにいるロシア男性と結婚し始めるのは当然です。

しかし・・・ロシア男性の性というかお金があれば浮気に目が向くのもロシアでは、日本男性もお金があれば多分同じことを考えるでしょうがロシアの場合は男のファッショです。昔は使い捨て状態だったロシア妻は最近は法律や女性の知識が高まりロシア夫から慰謝料(車)を貰って離婚する人が増えてるのはウラジオストク女性で離婚してる人は車を所有してる事実があります。

会話倶楽部・大人倶楽部の離婚女会員はロシア男性と新しい人生の道を探すよりロシア男性と異なると予想してる日本男性に興味を持つ人がいるのは不思議な事ではありません。

ただし、このような女性の多くは子供を持ってるのでこれが問題ですね。日本人は他人の血が混じった子供を家族として認めることに抵抗を感じるという考え方はロシア人には通用しませんので子持ちの女性は運営者としては積極的に紹介は出来ませんがアメリカ人(離婚大国)の考えでは子供は4歳までなら新しい親に反感を感じないという研究があるのでもしお子さんを持ってるウラジオストク女性なら4歳までと私は考えてます。最近は連れ子のある女性と結婚し子供が日本で日本人として育ちスポーツ界、芸能界などで活躍してる人が多いですね。

子供が4歳以上の女性と結婚でなくガールフレンドとして交際をするのはどうでしょうか?
というのが大人倶楽部の趣旨です。愛人関係ではありませんので金銭問題は生じないのは日本と大きな違いです。大人の交際・・・結婚を前提としてない・・・若い男性にはこの関係はお勧めしませんが40歳代の男性なら女性があなたんを気に入ってくれれば可能です。

運営者の考え、既婚会員の考えそしてロシア女性と実際の付き合いのある方のコメントをお寄せください。より良い情報を増やしたいと考えてます。
mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

ウェッブサイト
ロシア女性と交際の進め