クレジットカード・・・ロシアに多いブラックカード

この記事は約3分で読めます。

ブラックカードと言うと聞こえが良くないですがクレジットカードのブラックはすこし違います。
私はクレジットカードは持ってませんし興味がないのですが会員さんが結婚したロシア女性のお兄さんがそのクレジットカードのブラックを持ってるのでびっくりしたという話は前に聞きました。

そのお兄さんは結婚する男性にお金で困ったら私に言ってください、と申し出たそうです。
その会員さんはブラックカードの意味を知ってたのでびっくりしたと話してくれました。

昔はアメックスのクレジットカードを持つのは審査があり誰でもが持てるカードではなかったそうでゴールドカードその上のレベルで・・・。今はプラチナカードもあるそうで審査はさほど厳しくないそうですが年会費12万円ですので一種のステイタスがあるのでしょう。

その上のレベルはカードが黒なのでブラックカードと呼ばれてるそうです。

私の周りにはこのブラックカードを持ってる人はいません!アメックスもこのカードの説明をするサイトはないので一種の都市伝説で噂だけが広まってるようです。

偶然にこのカードを所有してる人の話を聞くチャンスがありましたので少し説明いたします。
このカードは希望しても持てるカードではないのですがいくつかのメリットがあるようです。
専用のコンセルジエ(担当者)が旅行やレストラン、ホテルの予約を代理でしてくれるので海外に行く方やホテルやレストランの予約を優先的に行ってくれるようです。そして予約するとランクアップのチケットやレストランでの良いサービスが期待できるそうですのでお金持ちのカードですね。
ただし、お金持ちのレベルが庶民の感覚とは異なります。プラチナカードで支払いをした人で300万円くらいを毎月カードでいつも使ってる人に対してアメックスから電話があり担当者がカードの説明に来てくれるようです(自宅やホテルなど)。このカードの年会費は35万円+消費財・・・とバカ高いのですが年会費以外に入会料金がかかります。それが50万円+消費税ですので庶民が憧れて持つカードではありません。

ロシアでこのブラックカードを作る場合の条件や年会費は日本とほぼ同じですがロシアの方が日本よりこのブラックカードを持つ人があるかに多いようです。

ウラジオストクの知り合いで一人だけこのカードを持てる人がいるので今度ウラジオストクで会ったら聞いてみようと考えてます。

この人は家族を連れて世界中を頻繁に旅行してますのでその時は家族や身内一同を引き連れて両行してますがサッカーファンで世界の有名な試合には一同を引き連れて訪問しており試合後にはサッカーの選手(メッシ-など)と一緒にフィルドで記念撮影をした写真が家中に飾ってあるので何故そんなことが出来たのか不思議に思ってましたが・・・

ゴールドカード(センチュリオンカード)の威力なのでしょうね。

カザフスタンにはこのブラックカードを持ってる人が4000人いるそうですがロシアは分かりません。人数制限があるので日本にも何人の所有者がいるか未発表です。

 

カザフスタン発行の最上位のカード(ダイアモンドと全体がゴールドです)

mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

matureをフォローする
ロシアのお金持ち
大人倶楽部 50歳以上の男性対象 
タイトルとURLをコピーしました