ロシアの建築物は壊れないか?

この記事は約2分で読めます。


スターリン建築
モスクワに建つ尖塔を持つビルでエンパイヤーステートビルに似てます?
セブンシスターズと呼ばれてますが本当は8建物があります。
①モスクワ大学
②ウクライナホテル
③ロシア外務省
④芸術家アパート
⑤ロシア連邦運輸機関建設省
⑥文化人アパート
⑦レニングラードホテル

⑧ポーランドのワルシャワにある文化宮殿です。
ソ連時代のプレゼントで全部のポーランド人が喜んで泣いたそうです。
ワルシャワのど真ん中に建ってますので市内のどこからでも見ることが出来、文化宮殿の最上階に昇るとその文化宮殿が見えないから・・・喜んだそうです。

ソ連が作った建物は頑丈で壁の厚さも半端じゃないそうですがウラジオストク市内で見る市民のアパートはどうなのでしょうか?ソ連時代のたてものですがお金をかけてませんしロシア人は自宅の内装にはお金をかけますが外見は全く無視してるので貧弱に見えます。

でもその市民のアパートはソ連からロシアに代わるときに所有権が住んでる人にほとんど無料で渡されたのでその家を祖父母から貰ったロシア人は一種の資産家です。ロシアは相続税がないのでロシアの法律改正で一気に資産家になったロシア人がたくさんいます。

20年前は数百万円くらいだったのが今は数倍になってます。人によっては数軒を祖父母からそして親から譲り受けた人も少なくありません。
仕事はしてないけど生活が出来る人(家賃収入)の遊び人もいますね。銀鉱からお金を借りてちょっとカフェとかレストランの経営とウラジオストクでお店増えてる理由がこれですね。

そしてホステルも増えてます。ウラジオストクにはまだ日本人専用のホテルやホステルがないので家持のロシア女性と結婚すれば日本人の需要は多いでしょうね。

ウラジオストクのホステル

mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

ウラジオストク
ロシア女性と交際の進め