KGBって日本人の多くは勘違いしてませんか?

この記事は約2分で読めます。

こんなタイトルの本が日本で発売されたようで地下鉄に広告が出てました。
KGBと聞くとスパイを連想する人が多いですがそれはKGBの一つの部門でKGB関係者がすべてスパイをしてる訳ではありません。

そしてKGBは今はFSBと呼ばれてます。
ウラジオストクの市場なので写真を撮影した時に野菜売り場のおばちゃんからスパイと指をさされて怒られたことがあります。年配者には写真撮影はスパイ行動に見えるのでしょうね!?

ウラジオストクの男性日本語通訳者で”私はKGBで働いてました”と告白?する人がいますがそんな発言をすれば日本人が驚くからでしょうか?

以前、会話倶楽部女性会員で彼女は医者でしたがお父さんが現地のトップだった人もいました。丁度、フジテレビの取材で会話倶楽部とその女性の両親にインタビューをした現場で一緒でしたがテレビ局の人にはKGBの話はしませんでした。そのお父さんは当時は…三菱と仕事をしてました。

ウラジオストクのお土産屋さんで販売されてるFSBのニット帽です。
ウラジオストクの友人がこの帽子を被ればおばちゃんたちは何も言わないでしょうと保証してくれました。このニット帽は結構あったかくて私のパートナーが重宝してますが日本で同じ帽子を被ってる人はまだ会ってません。ロシア人がこの帽子を被った私のパートナーを見たら驚くでしょうね。

ウラジオストクにはミリタリーショップが何軒かあるのでそこで販売されてます。

mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

matureをフォローする
危険情報
大人倶楽部 50歳以上の男性対象 
タイトルとURLをコピーしました