アメリカとロシアはどちらが危険?

この記事は約2分で読めます。

ある調査で日本が他国から攻められた場合はどうしますか?

という問いに日本人の中で意見が分かれます。
①戦う
②反応しなければ殺されない
③外国へ逃げる

③の外国へ逃げると答えた人の中でどこの国に逃げますか?という問いには
アメリカと答える人は少なかったです。
理由としてはアメリカは戦争をしてなくても国中で危険が多くあると答える人は銃規制がないアメリカではどこで銃撃戦が起きるか分からないからでしょう。

今日のニュースでもワシントン(アメリカの首都)、ホワイトハウスの近くにある住宅地で発砲があり6名が被害に遭ってます。
最近のアメリカの発砲事件関係のニュースでは

大学で銃撃、2人死亡=米ノースカロライナ州
ユダヤ教礼拝所で銃撃、1人死亡=男拘束、憎悪犯罪か-米
オハイオ州でも銃撃、9人死亡=容疑者の男射殺-米
車から銃撃、1人死亡=ナイトクラブ入り口-豪
祭り会場で銃乱射、3人死亡=15人負傷、容疑者も射殺-米カリフォルニア州

一方ロシアでは発砲事件のニュースはテロ以外では耳にしてません。
理由としては銃規制が非常に厳しくなり許可を貰えば銃が所持出来たロシアですが今はほとんど許可が下りないそうです。以前はロシアの家庭にも銃を持ってるロシア人はいましたが今はロシアでは銃の話をするのはタブーになってます。

ロシアは法律で直ぐに規制をしてるので酔っ払い運転はほぼなくなってます(二年の免停)。
銃を所持してる人も見かけません。
警察官の賄賂請求もほとんどありません・・・(警官の給料が上がったためです)。小遣い稼ぎで免職になったら割が合いません。

mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

matureをフォローする
治安
大人倶楽部 50歳以上の男性対象 
タイトルとURLをコピーしました