ロシアの年配者との話・・・

この記事は約2分で読めます。

今回の訪問では年配者と話をする機会が多かったです。
その中で出てくる言葉は懐かしい ”ソビエト時代”と英語通訳の方が何度も口にした言葉です。

ソビエト時代と言われると今の時代とは違うという意味です!
実際に私は1973年にソ連に行ってますので実にソビエト時代を目撃そして体験してます。

私が知ってるソビエト時代はと話をすると年配者の方達は笑ってました。

私のソビエト時代の記憶は外国人には何の注意もありませんでしたがソ連人は外国人と話をすることは禁止されてたそうです。そして外国人を自宅に招くと周りの人が警察に連絡する決まりがあったそうです。そしてロシア人は当時は海外に出ることは禁止されておりその影響でその時はなしをした老夫婦は海外には行ったことはないし興味もなかったそうです。

この老夫婦のダーチャ迄ウラジオストクから250キロの距離で村には食べる所がないので30キロ離れたビルのある町まで車で出かけたらドライブインみたいなものがありました。



紅茶とボルシチ、イカのサラダ、ピロシキ・・・

 

食事の後で訪問したダーチャの老夫婦にボルシチはどうでしたかと聞かれたので今までで不味いボルシチでしたと答えたら驚かれ理由を聞かれたので肉が一切れも入ってなくスープが冷えてたと答えたら大笑いをされて今度此処に来る時は知らせてください。
肉の入ったボルシチを作って待ってます。と別れ際の言葉でした・・・

 

 

 

mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

matureをフォローする
ウラジオストク
ロシア女性と交際の進め
タイトルとURLをコピーしました