活気のあるウラジオストク・・・

この記事は約3分で読めます。

現地の人がウラジオストクは毎日進歩してますと私に話してくれたが・・・これは事実です!
昔と言っても10年前のウラジオストクを知ってる人はビックリですと感じるはずです。
初めて行く人はどう感じるか・・・日本より活気があると確実に感じるはずですが何も思わない人は今のままで歳を重ねるだけでしょう。人生それぞれですのでそんな人がウラジオストクに行ったらウラジオストクの進歩具合にはついていけないかもしれません。収入はが増え続けているので人の先頭に立ちたい人にはウラジオストクはお似合いかもしれません。

私の場合は1978年からウラジオストクに通ってますのでロシア経済最悪の時代を知ってますしその時ウラジオストク人がどう過ごしてたかもしってます。

しかし現在のウラジオストクは1987年代とはロシア人ん中身は変わりませんが生活様式は日本より恵まれてると断言できます。一家に二台は普通で子供がいれば2.3台くらいだそうです。
ウォシュレット、冷凍庫、冷蔵庫、テレビは各部屋一台、パソコンスマホは各自一台、高校生はiPhone…海外旅行は年2回から3回。前回の訪問で動画を依頼した学生さん、彼女の家は金持ちではないそうですが昨日電話したら家族でドバイに行ってるそうです。彼女のお父さんは寒いウラジオを避けるためにベトナムに別荘を買ったそうです。そしてウラジオストクの友達をそこに招待してるそうで友達は全員、ベトナムに行ったことがあるそうです。日本は?と尋ねたらすでに3回行ってるそうで日本が大好きだそうです。

ロシア女性と結婚を考えてる人は会話倶楽部の運営者としてウラジオストク女性と結婚するなら今のままでは通用するかどうか考えてください。昔はお金目当てで(今もいますが)日本人と結婚すれば良い生活が送れると考えた浅はかな女性もいますが今のウラジオストク女性は彼女らが考える日本人でなければ好かれませんので褌を持ってない人でもしっかり紐を結んでください。ロシアも金目当てでない日本好きな女性がいますのでしっかり目を開いて女性の中身を理解してください。

ロシア女性と結婚を考えてる人は今のウラジオストク女性がどんな生活をしてるかを確かめてください。そして年齢的には最低でも一回りです。これは20年前と異なります。

 

ロシア人の多くはアパートに住んでおり外見は今も昔も貧弱です。

この家は20年前と同じです。今回は家の前の道路を修理してたのでビックリしました。
アパートの外壁は何もしてません。理由は政府が修理する必要はないと考えてるし住民も必要性を感じてませんので住民は家の中はビックリするくらい改装してます。一家にクーラーは二台が普通だそうです。アパートの外観を綺麗にすると泥棒に狙われますので当然です。家の中は外からは見えません。入り口のドアも二つの鍵と暗証番号が必要です。

この道路工事はいつ終わるのかは住民は知りませんが一応少しづつ進んでるようです。

前回来たときはビルと駐車場が太い垂れ下がった電線があちこち這いまわってましたが今はありません。

ロシア女性の家を訪問した男性が女性のアパートの入り口を見て一言・・・
”私の日本の母がこの入り口を見たら絶対に倒れるでしょう!”と。マンション経営者なので何故、修理しないか日本人には理解できないからです。

 

mature

生まれ:1954年 結婚歴:32年目 配偶者:フランス人
海外渡航国:110カ国以上
国際結婚サポート歴:22年目
カップル数:日本男性60組 日本女性55組
直接手がけた海外の入籍男女国:ロシア・アメリカ・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデン・ノルウェイ・ポーランド・オーストラリア・スリランカ・インドネシア・中国・韓国

matureをフォローする
ロシアの習慣
ロシア女性と交際の進め
タイトルとURLをコピーしました