ご質問にはすべてお答えします!

会員さんは直接ウラジオストク運営者にも日本語もしくは英語で連絡相談が可能となってます!

ホステスさん物語

19.10.2006 Sao Paulo, Brazil, A girl - Formula 1 World Championship, Rd 18, Brazilian Grand Prix, Thursday - www.xpb.cc, EMail: info@xpb.cc - copy of publication required for printed pictures. Every used picture is fee-liable. © Copyright: Photo4 / xpb.cc - LEGAL NOTICE: THIS PICTURE IS NOT FOR ITALY

これは気になる方が多いと思いますがすべてあなた次第です。
私の場合はお金は結構使いましたが結婚相手を探すためですので納得できるまで結論として結婚を行ったまでの期間は15年ですので経費?とは考えてません。

19歳で日本を出て途中で今の妻と出会い彼女の来日、同性半年後に籍を入れ現在に至ってます。
結婚記念日は夫婦で覚えてませんので結構一緒にいる時間が長いです。
彼女も何度か来日しており二人の30数年間はあっという間に過ぎます。

結婚はお互いにある程度まで理解しないとすぐに破局が来ますので会話倶楽部として結婚相談所を始めた時は長く続くカップリングを目標としたのですぐに結婚と考えてる男性(ロシア女性には今まですぐに結婚したいと言った女性には会ったことがありません)のでロシア女性の方が真剣に結婚を考えてるのは確かです。

ロシアの黒歴史はホステスで来日した女性が一時期日本中に大量に送り込まれそれを目当てとする日本男性がホステス通いが始まったことです。
最悪のロシア経済で給料の遅延や無給料とロシアも体験したことがない最悪の経済状態で家族を支えるためにロシア女性が来日され出稼ぎ状態がしばらく続いたことです。不幸なことにロシア女性達の美貌は日本男性の目が覚めた人が多く現れたことです。

ロシア側も日本男性に会わせるためになるべく金髪に染め、身長は160cm以下という最低基準なら多くの日本男性が通ったようです。中には大きな勘違いを犯した男性も多かったですね。
家族を養うために出稼ぎ来日の女性に惚れてしまう人が出現しました。ロシア人によると来日ホステスさん達の8割は家族持ち、つまり旦那がいるのです。そんな女性に惚れてどうすするのでしょうか?
幸せなカップルが出来たという話は残念ながら聞いたことはありません・・・

10年以上外国人ホステスが日本で働いてましたその人たちに関する出版物は見たことがありません。
結局はプーチン大統領がアメリカの人権団体の潜在売春婦となるので日本政府に禁止しろと圧力をかけたようです。

ウラジオストクはホステスさんの基地ではなくウラジオストクでは長い間ホステスという言葉はウラジオストク人は知りませんでした。当時結婚したある女性会員さん、結婚して来日した時に時分も仕事がしたいからと旦那さんに”ホステスをしたい”と言ったら絶対に怒らない旦那さんが驚いて血相を変えたので彼女もビックリしたそうです。

ウラジオストクでは日本のホステスは仕事帰りに寂しいサラリーマンがちょっと一杯お酒をひっかける場所でその人たちとテーブルに座って話を聞くのが仕事! ウラジオストクでは皆が思っていたので本当は違います、酔っ払いを上手にあしらう仕事、と説明された時に旦那さんにすぐに謝ったそうです。
理解の早い女性だったので旦那さんもそれ以降、お互いにホステスという言葉は禁句になったそうです。

何年か前、日本でホステスさんが見つからないのでウラジオストクの新聞に
”日本で高級アルバイト”という広告があったそうです。

彼女が里帰り中でその新聞広告を見つけたそうですが電話で問い合わせる必要もない仕事だったそうです。
ホステス・・・

10年以上外国人ホステスが日本で働いてましたその人たちに関する出版物は見たことがありません。
結局はプーチン大統領がアメリカの人権団体の潜在売春婦となるので日本政府に禁止しろと圧力をかけたようです。

ウラジオストクはホステスさんの基地ではなくウラジオストクでは長い間ホステスという言葉はウラジオストク人は知りませんでした。当時結婚したある女性会員さん、結婚して来日した時に時分も仕事がしたいからと旦那さんに”ホステスをしたい”と言ったら絶対に怒らない旦那さんが驚いて血相を変えたので彼女もビックリしたそうです。

ウラジオストクでは日本のホステスは仕事帰りに寂しいサラリーマンがちょっと一杯お酒をひっかける場所でその人たちとテーブルに座って話を聞くのが仕事! ウラジオストクでは皆が思っていたので本当は違います、酔っ払いを上手にあしらう仕事、と説明された時に旦那さんにすぐに謝ったそうです。
理解の早い女性だったので旦那さんもそれ以降、お互いにホステスという言葉は禁句になったそうです。

何年か前、日本でホステスさんが見つからないのでウラジオストクの新聞に
”日本で高級アルバイト”という広告があったそうです。

彼女が里帰り中でその新聞広告を見つけたそうですが電話で問い合わせる必要もない仕事だったそうです。
ホ ス テ ス ・・・