ご質問にはすべてお答えします!

会員さんは直接ウラジオストク運営者にも日本語もしくは英語で連絡相談が可能となってます!

75歳以上医療費、2割負担へ

 政府最終調整 受診時定額負担は見送り公算

産経新聞4994

 政府は27日、75歳以上の後期高齢者の医療機関での窓口負担について、現行の原則1割から2割に引き上げる方向で最終調整に入った。低所得者には軽減措置を講じることを検討している。令和4年度から制度を改める見通し。外来で受診した人の窓口負担に一定額を上乗せする受診時定額負担の導入は、最終的に見送られる公算が大きくなっている。

日本国を引率するかしこと言われる人達が国民から少しづつむしり取ってます。
受診料定額負担は今回は見逃すしてやるので代りに窓口負担を今の1割から2割にするようです、と言ってもすでにきまってるでしょうね。

老後に備えて年か年金を長年払ってきた人は何歳に受け取りができるのでしょうか?
70歳? この年齢は若すぎるという人もいるようです。

日本国は動いてる日本人からは出来るだけ理由を付けて年貢を取ろうとしてます。長年、年金を治めてきた人は貰える年齢が毎年延長されてる気がします。もうちょっと経ったら年金は80歳から受け採る人は倍払います、何て言い出すでしょうね。

長生きをする人は国からいろいろなペナルティが求められるようです。私は65歳になった今年は追加の保険代の請求が来ました。65歳以上生きる人に国からの新しい年貢の追加です。

先月から始まったようですがすでに督促状は届いてます。毎月2070円くらいという数字ですが話によるとこの数字はこれから長生きするほど上昇するそうです。

このまま日本人は黙っていろいろな年貢を払い続けるのでしょうか?
私はフランス人と30数年暮らしてますが将来においてフランスに戻ってパリに住めば私たち夫婦は年金が貰えると私のパートナーは聞いたそうです。フランスには住んでないのでいろいろな税金は払ってませんがそれでも要求される税金は義務と考えて私のパートナーは払ってますがその努力を認めてくれるフランス政府は日本からフランスに引っ越せば何と年金が私たち二人に支払われるそうでう! 一人8万円かふたりで8万円なのか調べてませんがさすが社会主義国家フランスですね。日本は・・・? ロシアはどうなのでしょうか?

今度ウラジオストクへ行ったら年配者の人達に聞いてみます。